システム側でパスワードが再設定された場合の対応方法

1.「機構アカウント」と「再設定されたパスワード(便宜上”初期パスワード”になります)」は、各大学それぞれの方法で利用者に通知しております。

  詳細は以下のリンクを参照ください。なお、初期パスワードはログイン成功後、直ちに変更する必要があります。

   岐阜大学 : 機構アカウントパスワード初期化後のパスワードの確認方法(リンク先の手順に従って作業してください)

   名古屋大学 : https://account.icts.nagoya-u.ac.jp/

2.https://www.office.com/ にアクセスし、「サインイン」をクリックします。

  既に何らかのアカウントでログインされている場合は、右上の丸いアイコン(アカウントマネージャー)から「別のアカウントでサインインする」を選んでください。

3.アカウントとパスワード入力画面になります。手順1で入手したパスワードを入力します。

4.多要素認証を設定している場合、スマートフォン等に多要素認証の確認が通知されます。

5.パスワードの新規登録画面になります。

  ・「現在のパスワード」には手順1にて入手した初期パスワード

  ・「新しいパスワード」「パスワードの確認入力」には、ご自身で指定した新しいパスワードをそれぞれ入力してください。

6.パスワードの再設定が終了しました。この後、Teamsなど多くのMicrosoft社のアプリケーションにおいて、ユーザの認証が個別に実施される場合があります。

  手順5で指定した新しいパスワードを用いて認証を実施してください。